テレビアンテナ工事の前に人気の高いアンテナの種類を把握する

こんなに多いテレビアンテナの種類

アンテナ

テレビアンテナは、沢山の種類が存在していることをご存じでしょうか。種類によっては性能が違いますし、仕組みも全く違います。テレビアンテナの交換を検討している方は、アンテナの種類を把握しておくことも大事です。

一般的に使用されているアンテナの種類

八木式アンテナ
八木式アンテナは、見た目が魚の骨のような形状をしています。一般住宅で多く設置されているテレビアンテナなので、見たことある人も多くいるでしょう。素子と呼ばれる部分で電波を受信するので、向きを調節する必要があります。素子の本数によって長距離からの受信にも対応できます。
パラボラアンテナ
パナボラアンテナは、別名ディッシュアンテナとも呼ばれています。丸いお皿のような形状をしているリフレクターと、腕のようなコンバーターアームがあります。一般家庭では衛星放送を受信するために、パラボラアンテナを設置している家庭が増えています。
モービルホイップアンテナ
モービルホイップアンテナとは、棒状の車載用のアンテナのことです。自由に取り付けることができますが、電波の状況や周辺環境によってはノイズを拾ってしまうこともあります。アース効果の不安定さを解消するためには、ノンラジアルのモービルホイップアンテナがオススメです。

人気が高いのはこのアンテナ!

テレビアンテナの欠点である、建物の見た目が悪くなる問題を解決することができるアンテナも存在しています。デザインアンテナといって、薄い長方形の形をしています。デザインアンテナは、建物の外壁やバルコニーに取り付けることもできるため、外観を損なうことはありません。さらに、室内タイプも存在しているので、建物の外観を気にする方に人気のテレビアンテナです。カラーも選ぶことができて、長方形型以外にも六角形型も販売されています。

TOPボタン