テレビアンテナとインターホン取り付けで電気設備の老朽化対策

テレビアンテナに関して知られていない事実

2003年に開始された地デジ放送に合わせて、地デジ対応のテレビアンテナを購入して設置工事をした家庭は多くあるでしょう。一般的に住宅設備は10年を経過すると老朽化のためトラブルが発生することがあります。地デジ対応のテレビアンテナも例外ではありません。 "

テレビに不具合を感じたらテレビアンテナ工事業者へ調査を依頼しよう

テレビが正常に映らないのは、テレビ本体の故障とは限りません。テレビアンテナの不具合や破損でも映らなくなるケースはあります。特にテレビアンテナのメンテナンスをしてない場合は、原因はテレビアンテナなのか調べてもらいましょう。テレビアンテナ工事業者に連絡すると、調査の見積りを出してもらうこともできます。買い替えを検討する前に調査してもらってください。

インターホンも劣化する

住宅設備で一般的になっているインターホンも寿命があります。インターホンは取り付け工事をしてから15年以上経過すると、徐々に劣化してしまい修理やメンテナンスが必要になります。最悪の場合は、使用することができなくなり、システムがダウンしてしまうので15年以上経過したインターホンは交換する時期になっています。テレビアンテナ工事業者は、住宅設備工事も行なっていることもありますので、テレビアンテナと併せてインターホンの取り付け工事を検討してください。 "

インターホンの不具合チェック

古いインターホンを使用し続けるとトラブルの原因になります。そのため、インターホンの交換のサインを見逃さないようにしましょう。次のような症状が現れたら交換のサインです。

アンテナ工事もインターホンの取り付けもまとめて依頼する

電気工事士なら、一般電気工事の他に、テレビアンテナ取り付け工事、LAN工事、インターネット工事も依頼することができます。もちろん、インターホンの取り付け工事も依頼することでできますので、住宅性能を向上させることができる工事をまとめて依頼することが可能です。

TOPボタン